2010年12月05日

よくあるご質問「プラムケンネル」

Q1:ブリーダーとは?

最近ではよく聞く単語ですね。
では、「ブリーダー」とは、一体何を意味する言葉なのでしょう?
簡単に表現すると、「繁殖させる人」になるのでしょうか。
辞書をひくと、「breed」という単語には、さまざまな意味があるようです。
「品種」、「系統」、「飼育する」、「品種改良する」、そして...「子を育む」
そう、私たち「ブリーダー」は、「子を育む者」なのです。
「ブリーダー」は、「子を育む者」として、愛情を込めた可愛い「家族」を送り出しています。


Q2:ドッグショーに出ている犬って何か特別なの?

ドッグショーに出ている犬たちは、「特別」ではありません。
むしろ、その犬種の「スタンダード」と言えるでしょう。

「ショー用犬」とは、その犬種のスタンダード(標準基準)に
合致した犬を指す言葉で、被毛・色素・骨格構成・性格・歩様等について、
それぞれスタンダードが取り決められています。

このスタンダードに、100%合致する事は、殆どありませんが、
それに近ければ近いほど、「ショー用犬」として優秀であると言えるでしょう。

これらの、スタンダードとなる要素は、生まれついてのものが多く、
そのために、血統が重要視されています。
ドッグショーに出るために、歩き方などの訓練も受けていますが
特別に難しいものではありません。

歩き方、立ち方、美しさが「ショー用犬」としての資質。
そう考えると、人間のモデルさんに似ていますね。

このように「ショー用犬」と呼ばれる犬たちは、
ドッグショーの為に訓練を受けた犬ですが、ドッグショーに出る時以外は、
普通の犬と同様、甘えたり走り回ったりしています。


Q3:うちの犬もドッグショーに出してみたい

ドッグショーには、様々な種類があり開催される時期もいろいろです。
ジャパンケンネルクラブに連絡をして、どんな大会が行われるかを尋ねてみるか、
当舎でJKC(ジャパンケンネルクラブ)への入会も可能ですので、
お気軽にお問い合せください。


Q4:子犬代のほかに、料金はかかりますか?

当犬舎では、その他の費用は一切いただいておりません。

お客様のご要望に応じてワクチンの接種をさせていただいておりますが、
接種に関しては有料になります。

また、空輸でのお引渡しの場合は、空輸代が別途必要です。


Q5:見学は可能でしょうか?

通常のブリーダーは、ペットショップとは異なり
店頭販売はしておりませんので、あらかじめ日時を決めて、
その時間に見学に来ていただくような形となります。

当犬舎では、できるだけ実際の子犬を見学してから
お迎えいただく事を推奨します。


Q6:子犬の引渡し方法について教えてください。

子犬の引き渡し方法は、直接お迎え(手渡し)、または空輸になります。

直接お迎え(手渡し):ブリーダー宅やお待ち合わせ場所での引き渡し
空輸:最寄空港のお受取り窓口にて引き渡し

また、空輸には1本で目的地まで到着できる直行便と、直行便がなく、
どこか別の空港で乗せ替えをしなければならない、経由便とがあります。

犬舎にお越しいただき、手渡しで子犬を受け取ることをおすすめします。



Q7:犬に保険など付ける事は可能でしょうか?

加入は任意になりますが、引渡したその日から適応されるどうぶつ保険を用意しております。



ミニチュアダックスブリーダー「プラムケンネル」の公式ホームページはコチラ

メールはこちらをクリック!!


カラーで子犬を検索!|クリーム系チョコ系レッドゴールドブラック系




posted by kenken at 15:56| よくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。